株の配当金で生活していくことは投資をするなら誰もが憧れるものでしょう。実際そのような生活をするにはどれくらい利益を出せばよいのか?投資の方法はどのようなものがあるのか?株に関する話題を中心に様々な記事を更新していきます。

IPOならほぼ100%の確率で利益を得ることが可能

IPOとは、新規公開株のことです。新規に株式を公開する会社は、上場前に株式を証券会社に割り当て、引き受けてもらいます。
上場して株式市場で誰もが先着順で購入できるようになる前に、各証券会社に購入してもらうというわけです。
株式市場がある程度盛況である時期には、IPOは一般的に引く手あまたとなりますから、証券会社はIPOの割り当てを歓迎します。
そして、割り当てられたIPOを、自社の顧客に振り分けます。
通常は割り当てられたIPO株を上回る購入申し込みがありますから、購入希望者全員がIPO株を手にできるわけではありません。
どの顧客に購入させるかは、各証券会社が独自に決めています。大手証券会社は、得意客に優先的に購入させる傾向があり、新興のネット証券会社は、まったく公正な抽選だけで決めることが多いです。
IPO株が入手できさえすれば、株式投資の初心者でも利益を出すのはやさしいと、よく言われます。IPO株なら、ほぼ100%の確率で利益を得ることが可能であるとも言われています。
どの時期に統計をとるかによって、ほぼ100%になったり80%台になったりはしますが、今までのところ、統計的には高確率で利益が出ているようです。
株式投資で8割の勝率というだけでも破格の数字ですから、初心者でも儲けるのがやさしいと言われるのも道理です。
ただ、株式投資に絶対、はありませんから、損するリスクがまったくないわけではありません。しかし、上場後の株を取引きするよりは、損をするリスクが低いとは言えそうです。
それは、上場するためには、証券取引所から厳しい審査を受けるからです。つまり、IPO株とは、第三者機関から財務状況や経営体制が健全であるとお墨付きをもらったばかりの会社の株だということになります。
その株を、抽選といった方法でしか手に入らないうちに入手できるわけですから、値上がりが期待できます。
上場後につく株価を初値と言います。初値で売り抜ければ利益を得られるケースが、これまでは大半でした。

IPO抽選の当選確率を上げるためにできることとは?

これまでの統計上は、8割から9割、時にはほぼ100%の確率で利益をあげられたIPO株ですから、欲しがる人が多いのは当然のことです。
そのため、IPO株を購入できる権利は、誰にでも手にできるものとはなっていません。その権利を得るには、IPO株を割り当てられた証券会社に、購入申し込みをすることです。
各証券会社は独自の基準で、購入希望者の中から購入者を決めます。そのため、その独自の基準を調べて、それに対応した買い方を目指すことが必要です。
それゆえ、IPO株の場合は、上場後の株の買い方とは大きく異なってきます。
長く取引をしている大手証券会社があれば、そこに申し込むのが得策です。大手証券会社にとってのお得意さまという立場になっている場合は、IPO株を購入できる可能性が高いです。
どの程度ならお得意さまと見られるかというのも、証券会社ごとに異なります。申し込んでみて、購入できたら、というふうに、結果から判断するしかない面があります。
初心者であれば、新興のネット証券会社に申し込むのがおすすめです。公正な抽選だけで、購入者を決めているところが多いからです。
購入希望を出した段階で、購入費用を入金しなければならない証券会社もありますが、中には当選後に入金すればいいとしている会社もあります。
当選後の入金が可能な証券会社にすべて申し込んでおくと、当然ながら当選確率は上がります。これが、当選確率を上げる最も確実な方法です。
中には、それまでの落選回数が多い顧客を優遇する会社もあります。大手証券会社でも、一部の顧客だけを優遇するのではなく、まんべんなくIPO株を割り当てようとする傾向がなくはないので、申し込みを繰り返すと、当選確率は上がりやすくなると言えます。