株の配当金で生活していくことは投資をするなら誰もが憧れるものでしょう。実際そのような生活をするにはどれくらい利益を出せばよいのか?投資の方法はどのようなものがあるのか?株に関する話題を中心に様々な記事を更新していきます。

株で損を出したりFXで利益を出したら確定申告を!

株式投資やFX取引では、株価の変動や為替レートの変動に伴って、1年間に大きな利益を出すことが可能です。
しかし、このようにして得られた利益に対しては所得税と住民税を合わせて約20%の税金がかかります。
それを知らずに税金を支払わないまま放置していると、脱税になってしまいますので、税金の知識はしっかりと頭に入れておきましょう。
株式投資の場合は、源泉徴収ありの特定口座を選択しておけば、利益が出た場合にそれに対する税金は証券会社が自動的に差し引いてくれますので、確定申告しなくても問題ありません。
ただし、損が出た場合には税金対策として確定申告することは有用です。というのも、ある年に株式取引で損を出した場合に、その損失額を申告しておけば、その後、最大3年間で得た利益と相殺できるためです。
相殺された利益に対しては税金がかかりませんので、有効な節税対策となります。
一方、FXの場合は、株と違い、FX業者が源泉徴収してくれるようなシステムはありません。そのため、FXで得た利益については、ご自分で必ず確定申告をする必要があります。
確定申告などしたことがなく、やるのが面倒という方は、税理士に代行してもらうことも可能です。ただ、税理士に依頼すると少なくとも数万円もの費用がかかってしまい、その費用で株やFXで得た利益がふっとんでしまうこともありますので、できればご自分でやる方がよいでしょう。
FXの場合も確定申告を行うのは、利益が出た年だけで基本はよいのですが、株の場合と同様、損失が出た年についても確定申告を行っておく方がよいです。FXを含む先物取引についても、損失を翌年以降3年間の利益と相殺することができるためです。
なお、繰り越した損失を相殺できる最終年には、できれば、多めに利益を出して、繰り越し損失のすべてを利益で相殺できるようにするとよいでしょう。
例えば、含み益が出ているポジションは年内に決済して確定しておくなどの工夫が考えられます。

株やFXで脱税するとどのようなペナルティが課せられるのか

株式やFXで利益が出た場合に、そのような利益が出たことを別に知らせなければ誰もわからないだろうと、高をくくっていると痛い目にあります。
税務署に対して確定申告をしなくても、税務署側では、証券会社やFX業者に問い合わせするなどして、どのくらいの利益を出したのかを確認する方法はいくらでもあるのです。
利益が出たことを知っていながら、故意に確定申告をしなかった場合、脱税になります。脱税は法律上許されることではないですから、当然、ペナルティを受けることになります。
ペナルティといっても、1回確定申告をしなかっただけでいきなり逮捕される、ということはありませんが、税務署に見つかった段階で、まずは、申告しなかったということで10%の追徴課税がかけられます。
また、申告はしたものの、利益を過小に見積もって申告していた場合も同様の追徴課税があります。
1回目の無申告ならその程度で済みますが、この無申告を何度も繰り返していると、税務署により悪質な脱税と見なされることになります。
その場合は、無申告の追徴課税に加えて、重加算税という大きなペナルティを受けます。これは、税率35%あるいは40%という大変重い税率の追徴課税です。
このような追徴課税をかけられることで、せっかく儲けた利益の大半が税金として持って行かれることになります。
さらに、この追徴課税をも支払わないで無視していると、最終的には告訴されて逮捕される可能性もあります。このように、確定申告をしないことで、次々とペナルティーがかかってきますので、面倒でも確定申告は毎年しっかりと行いましょう。
毎年申告を行っていれば、そのうち、やり方も自然と覚えてくるため、それほど面倒な作業ではなくなってきます。