株の配当金で生活していくことは投資をするなら誰もが憧れるものでしょう。実際そのような生活をするにはどれくらい利益を出せばよいのか?投資の方法はどのようなものがあるのか?株に関する話題を中心に様々な記事を更新していきます。

投資についての情報は投資顧問にお任せ

投資顧問とは、投資家が投資する際に口頭、文書その他の方法により投資情報の助言を行い、それに対して報酬の支払を受ける投資顧問契約を締結し、その契約に基づき助言をし、報酬を受ける業務と、投資家に代わって投資判断を行い投資する権限を委ねられる投資一任契約を締結し、その契約に基づき有価証券の運用を行う業務を行う者をいいます。
金融商品取引法において前者を投資助言・代理業のうちの投資助言業務と、後者を投資運用業と定義され、後者の投資運用業の形態を一般的には投資一任業務という表現をします。
もともとは、投資顧問業法という法律でこれらの業務は規律されていたのですが、2007年の金融法制の改正に伴い、投資顧問を銀行や証券会社と同じ金融商品取引業者に位置付けることにより、投資顧問業法を廃止し、金融商品取引法の中に位置づけられるという整理が行われました。
この結果、各投資顧問会社は金融商品取引法に基づく登録が必要となり、適正な投資顧問会社はこの登録を受けています。
このように、株式投資などの助言等を専門としている会社であり、登録制という公的なチェックがされている事業形態であることから、初心者は投資顧問を活用するというのが無駄な勉強等をせず投資で利益を上げている最短ルートとなりうるでしょう。
この投資顧問のうち、投資助言業務については、投資顧問会社それぞれのスタンスや得意分野があります。
例えば、短期的な値上がりを狙う商品の助言が得意な会社と、年金資産のような長期的に安定的に株価が値上がりしていくような商品の助言が得意な会社というような得意分野の違いがあります。
ですので、まずは自分がどのような利益を目指して投資に臨むのかを初心者の段階で決めて投資顧問会社を選択する必要があります。
また、投資一任業務についてもそれぞれの投資顧問会社の得意とするスタンスを把握した上で一任しないと自分が想定する投資結果が得られないこととなります。
いずれにしても、投資の結果、結果損失を出しても損失補填が法律で禁止されているため損失補填はされません。投資判断、一任判断を自分のニーズにそって適切に行う必要があります。

優良な投資顧問業者は口コミや評判を参考に選ぼう

では、適切な投資顧問会社を選ぶためにはどのような基準で考えていけばよいのでしょうか。
この点については、まず、助言を受けるにしても一任で任せるにしてもその会社の市場分析の内容をきちんと見てみることが大事です。
推奨銘柄として特定の銘柄をお薦めされたとしても、何を根拠におすすめしているのか、決算情報などのその会社のファンダメンタル要因の改善や、当該会社の事業分野の将来需要見込が増大する等の投資情報をベースとして、株価が上がる客観的な根拠をベースとした市場分析を提供できる会社を選択する必要があります。次に、助言、一任契約の対価となる報酬の価格設定についてです。
この対価となる報酬が高額となる場合には、どんなに投資で利益を上げても所得税の税金等で20%程度利益から源泉徴収され、さらに報酬で差し引かれるとなると投資の利益が大幅に削られることがあるからです。
この報酬については、投資顧問会社と契約する際の入会金、毎月の顧問料、成功報酬などで各社が設定しています。顧問料などは最高で20万円程度の会社もあるので報酬体系と報酬の額については、きちんと把握して選択する必要があります。
さらに、投資に係る相談への対応です。紙ベース等の助言をもらってもいざ、市場に参加するにあたりさまざまな気になることが出てくるでしょう。
今後の株価の動向や、当該株式の需給動向、さらには不祥事などの隠れたリスクがないかなど気になることは様々です。
その際に電話やメールで相談できる体制が整っている会社を選ぶことが賢明な選択となるでしょう。
これらの基準について、自分が納得できる水準のサービスを提供しているかは各社のホームページ等で情報収集するのは当然として、様々な口コミが各種サイトに掲載されているのが実情です。
ですので、この口コミ情報も参考にして投資顧問会社を選択し、納得のいく投資活動を行いましょう。