株の配当金で生活していくことは投資をするなら誰もが憧れるものでしょう。実際そのような生活をするにはどれくらい利益を出せばよいのか?投資の方法はどのようなものがあるのか?株に関する話題を中心に様々な記事を更新していきます。

ビットコインは新時代の投資!?始めてみよう!

ビットコインは新時代の投資となる可能性があります。すでに、ビットコインへ投資をして億万長者になっている人も誕生しています。
まだ新しい投資方法なので、リスクも高いということには注意をしておきましょう。
ビットコインは仮想通貨と呼ばれていますが、これは日本の呼び名であり、海外では暗号通貨と呼ばれているそうです。
仮想通貨はマイニングによって得ることができますが、すでにある程度普及した現在ではトレードによって入手をするという方法のほうが主流となっています。
ビットコインの特徴として、近年価値を大きく上昇させているということがあげられます。ビットコインは最初は0円からスタートをしましたが、10年もたたないうちに50万円まで価値を上昇させています。
2017年9月までには最高値がおよそ54万円となっていますが、まだまだ高値を更新する可能性があります。
ビットコインが500円くらいの時にマイニングやトレードで入手をしてずっと保有していた人は、そのときに比べて価値が1,000倍に上昇をしているので、多額の資産を手に入れていることでしょう。
ビットコインだけでなく、リップルなどの仮想通貨も短期間で価値を大きく上昇させたことで注目を集めています。
億万長者が出現したことで、ますます知名度が高くなるという好循環にのっていると言えます。仮想通貨の投資に参入する人や企業は世界中でどんどん増えているようです。
しかし、ビットコインはバブルであるという意見もあり、とあるタイミングでバブルがはじけてしまう可能性があるということには注意をしておきましょう。
ビットコインなどのデジタル通貨は、インターネット上でのみ存在するものです。現実には存在せず、人々の信用によって価値が決まると言えます。
人々が信用できる・有用であると考えれば価値は上がりますが、国の政策によっても左右されてしまうという点には注意が必要でしょう。
実際に、過去に中国で規制がされたときには価値を暴落させています。

電子マネーとは全く違う性質を持つ

ビットコインは電子マネーと共通する部分がありますが、電子マネーとは全く違う性質を持っています。
両者は現実に紙幣などが存在するわけではない、デジタルなマネーであるという点では共通をしています。
電子マネーと仮想通貨の大きな違いは、ブロックチェーンという技術が用いられているという特徴が1つです。
電子マネーにはブロックチェーンという技術は用いられていませんが、将来的にはブロックチェーン技術が用いられた電子マネーが登場する可能性がありますので、これだけでは明確な違いとは言えません。
電子マネーと仮想通貨の決定的な違いとは、中央管理者が存在するかどうかとなるでしょう。電子マネーには中央管理者が存在しています。
一方、ビットコインなどの仮想通貨には中央管理者が存在していません。国という国境がなく、世界中どこでも使えます。
世界中どこへ送金をしても、手数料は同じです。海外へ送金するからといって換金手数料がかかるわけではありません。
そもそも、ビットコインは世界共通なので換金をせずにそのまま使用することが可能です。
電子マネーは送金をすることができませんが、ビットコインなどの仮想通貨は送金をすることができます。送金に必要なのは相手のビットコインアドレスと少額の手数料、そしてウォレットとなります。
ビットコインなどの仮想通貨は原則としてウォレットという財布のようなものに保管をすることになります。
ウォレットからウォレットへと送金をしたり、決済に利用したりすることが可能です。買い物に使用するときには、スマートフォン上で機能するデジタルウォレットが必要になります。
インターネット上での買い物ならばパソコンのウォレットでも可能ですが、実店舗での買い物となると持ち運びができるスマートフォンが必要になるでしょう。